個人情報保護方針

| Español Europeo | Français | Français Canadien | Nederlands | Deutsche | English |

| Español Latinoamericano | Português | Português-Brasil | 简体中文 | 繁體中文 | 日本語 | 한국어 |

 

WPOでは、如何なる全ての適用法、規制法および標準(米国においては『医療保険の携行性と責任に関する法律』の下に制定された如何なる標準、また英国においては『1998年データ保護法』の下に制定された如何なる標準を含むが、必ずしもこれらに限られない)に則りあらゆる個人情報およびプライベート情報の保護に献身的に取り組でおります。また、欧州連合内における当ウェブサイトの使用に関し、WPOは2018年5月25日をもってプライバシーシールドフレームワーク(英:Privacy Shield Framework)とEU一般データ保護規則(英:General Data Protection Regulation; GDPR)(規則 2016/679)、およびそれを実施する如何なる国家法令による規制の対象となります。

 

WPOは、米国商務省により定められる如く欧州連合-米国間のプライバシーシールドフレームワークおよびスイス‐米国間のプライバシーシールドフレームワークに準拠して、欧州連合およびスイスから米国に転送される個人情報の収集・使用および維持を行っております。WPOでは、プライバシーシールドの原則を厳守する旨を商務省に対して証明済みです。また、この個人情報保護方針に関する通知に含まれる規約と、プライバシーシールドの原則との間に何ら矛盾が存在する場合は、プライバシーシールドの原則が優先して適用されるものとします。プライバシーシールドのプログラムに関する更なる詳細をご希望の方、又は当社認定証を確認されたい方は、https://www.privacyshield.gov/をご参照ください。

 

当社の個人情報保護方針は個人のプライバシー・個人情報を保護するために考案されており、取引関係の成立期間中に当ウェブサイトに訪れる方々から収集する情報の種類、当該情報の利用目的、またご利用者が当ウェブサイトを介して当社に提供頂いた情報の用途を更新・確認できる方法、についてご説明しております。当社ではご利用者の個人情報を保護するために当個人情報保護方針を適宜更新致しますので、個人情報保護方針を適宜に見直し、当社がご利用者の情報を使用・保護する方法ならびに当社ウェブサイトの内容を絶えず向上するための当社取り組みに関する最新情報をご確認頂きますよう、お願い致します。また、ご利用者から頂いた個人情報の収集・使用且つ又は開示ついて重大な変更を当社にて行う場合は、分かり易く明確な通知をウェブサイトの目に付きやすい個所に掲載することによりその旨をご連絡させて頂きます。本ウェブサイトの利用をもって、ご利用者は当個人情報保護方針に同意したものとみなされます。

 

WPOは、適用法に則りご利用者の個人情報を保護することを目的として考案された適切な管理的・技術的・物理的な安全保障措置を維持管理しております。WPOでは業界規格の暗号化を当ウェブサイトに採用しておりますが、あいにくなところ、インターネットを介しての情報伝送は完全に安全とは言えません。もちろんWPOでは、ご利用者の個人データ保護に最善の努力を尽くす所存ではございますが、ご利用者のデータのうち当ウェブサイトに送信されてきたものについてはその安全性を保証いたしかねます。データを送信する際は如何なるものも自己の責任をもって行って頂くことになります。

 

WPOでは、ご利用者の方々がWPOのサービスにアクセスするために使用するコンピュータ、タブレット又は他のモバイルの機器における個人情報の安全な取扱いに関する評価は行っておりません。

ご利用者各自の電子機器に起因して生じたあらゆる安全上の欠陥およびデータ保護の欠陥に関して、WPOは、一切の賠償責任を免れます。

 

当社にて収集する情報の種類

 

当社サービスおよび当ウェブサイトにアクセスすることをご希望の方は、WPOに登録して頂くことになります。WPOでは、オンライン調査やお問い合わせ および登録フォームなどのインタラクティブ機能を通じて、また下記されるような「クッキー」の使用を通じて提供される情報の一部を収集する場合があります。WPOがかかる方法で入手できる情報は、ご利用者のブラウザ設定により異なります。例えば、WPOでは、ご利用者が健康状態に関する情報やWPOの商品に関する情報など、所定の内容を確認又はダウンロードするためにご利用者が当ウェブサイトを開かれた時点で、お使いのウェブブラウザのソフトウェアや選択したリンク、トラフィックデータ、ご利用者のインターネットドメイン名、アクセスに使用したウェブサイトのインターネットアドレス、位置データ、当ウェブサイトで開いたページ、ウェブログおよびその他の通信情報を含め、ご利用者に関する特定の匿名化された情報、アクセス制限なしの情報、非個人情報をお使いのコンピュータから収集する場合があります。ご利用者のお好み、商品およびサービスに応じて(例:問題行動の医療サービス又はその他医療サービスに関して)、ご利用者の明示的な承諾のもとにWPOが収集する個人情報としては次のものが挙げられます。

 

  • 氏名
  • 生年月日/その他人口動態統計記録
  • 電子メールアドレス
  • 物理的住所/郵便宛先
  • 電話番号
  • 人種又は種族的出身
  • 性的嗜好又は宗教的信念
  • 身分証明書番号/住民登録番号
  • 個人の医療健康情報
  • 家族の医療健康情報

 

個人情報の利用目的

 

WPOのシステムに格納されているご利用者の個人データは、各自の雇用主によりアクセスできないようになっていますが、WPOのオンラインプログラムを完了した者に報酬を提供するといったインセンティブ プランを採用している雇用主の場合、WPOでは、ご利用者の明示的な承諾(登録ページのチェックマークボックスにチェックマークを入力して頂くことにより得た承諾)をもって、ご利用者の個人情報(ご利用者の名称、従業員識別情報、など)およびご利用者が完了したオンラインプログラム又はその評価についての詳細(日付など)を当該雇用主に開示する場合もあります。但し、ご利用者が完了されたオンラインプログラムに係る各自の得点や返答内容をインセンティブ プランの一環として雇用主に開示することはありません。

 

ご利用者の雇用主がWPOコーチによるアウトリーチ サービスコールを含むコーチング プランを採用している場合は、ご利用者の明示的な承諾(登録ページのチェックマークボックスにチェックマークを入力して頂くことにより得た承諾)をもって、ご提供頂いた連絡先にお好みの連絡方法にて担当のコーチがご連絡させて頂くこともございます。ご利用者が担当コーチと話し合った内容の詳細は一切ご利用者の雇用主に開示されることはありません。但し、WPOでは、ご利用者の個人情報(ご利用者の名称、従業員識別情報、など)およびご利用者が完了したコーチング セッションの回数(日付を含む)をご利用者の雇用主に提供する場合があります。

 

情報の転送について

 

WPOは、収集されたご利用者の個人情報を、当初情報を収集した国以外の国に転送する場合があります。

ご要望のサービスを提供させて頂くために、WPOにより運用されるサービスセンター若しくはWPOのサービス提供業者ネットワークのいずれかに対してかかる情報を転送させて頂くことになります。

その際、WPOでは、国境を越えてご利用者の方々の個人情報を欧州経済地域外に転送する際に必要とされる適切な安全保障措置を厳守しております。欧州連合又はスイスにてご利用の方に関するものの場合、WPOは、欧州連合の法律により大西洋横断情報伝送について定められる現行の基準および欧州委員会のモデル条項且つ又は、欧州連合-米国間のプライバシーシールドフレームワークに従って欧州連合加盟国外にデータを転送させて頂きます。但し、WPOがご依頼のサービスを提供する上で「必要最低限」の情報のみにアクセスを限るようにしており、その場合、その他如何なる個人又は団体に対しては、ご利用者自信の書面による承諾なく、総計報告以外の詳細又は秘匿化された様式以外の方法でご利用者の個人情報を開示することはございません。

 

ご利用者情報の共有先

 

当社では、ご利用者の電子メール アドレスその他ご利用者の身元を特定できる情報を第三者に販売する行為は行っておりません。但し、当個人情報保護方針ならびにその他ご利用者への連絡・通知およびウェブサイト記載内容に定められる目的を達成するためにWPOの系列企業又は特定の第三者(例:ご利用者が関心を持たれるような付随的広告および資料をご利用者に送る役割を務める「レターショップ」など)とご利用者の情報を共有することもあります。

 

また、当社では、法律又は法手続きにより開示要請への対応又はWPO自身若しくは他者の権利・資産・安全の保護が義務付けられていると誠意を持って確信できる場合、ご利用者に関する情報を他者に開示させて頂くことになります。

 

開示が要求され得る情報

 

WPOでは、特定の状況下において個人データを開示しなければならない場合もあります。かかる状況としては、EU一般データ保護規則の第6条第1項(次に挙げられる項目の少なくとも1つが該当する場合のみ、又はその範囲内においてのみ情報の処理を合法的とする条項)に定められているものが挙げられます。

  • データ主体が、それの個人データの処理を特定の目的(複数可)を対象として承諾している場合
  • 当事者としてデータ主体を含む契約を履行するため、又は契約の締結前にデータ主体の要望に応じて措置を講じるために何ら処理を行うことが必要な場合
  • 担当管理者がそれの法的義務を遵守するために何ら処理を行うことが必要な場合
  • データ主体又は他の自然人の重大利益を保護するために何ら処理を行うことが必要な場合
  • 公衆の利益のためになされる業務又は担当管理者に与えられている職権を行使するうえで必要な業務を履行するために何ら処理を行うことが必要な場合
  • 担当管理者又は第三者が達成しようとしている正当な利益を目的として何ら処理を行うことが必要な場合(但し、個人データの保護を要求するデータ主体の利益または基本的権利や自由がかかる利益を上回る場合は除く。この規定は特にデータ主体が子どもの場合を念頭に置いている。)

 

ご利用者の権利

 

ご利用者は、WPOが収集したご利用者の個人情報に対して特定の権利を有しています。WPOをご利用頂く際、ご利用者は収集の対象となる個人情報の種類、当該情報の用途、そしてWPOよりの連絡方法を選択できるようになっています。

 

  • WPOでは方針として適用法に則り公正にご利用者の個人情報を収集し処理することになっております。
  • WPOへの個人情報の提供を希望されない方は、電子商取引を差し控えることにより当該の情報収集を回避することができます。
  • 独自固有のクッキー識別番号がお使いのコンピュータに割り当てられるのを拒否するように設定を行うことができます。
  • ご利用者の個人データを統計的解析やその他報告の目的で使用させて頂くことがございますが、その際は、決してご利用者の身元が特定されるのを防ぐ方法で利用させて頂くことになっております。
  • ご利用者はWPOに対して承諾の意を示すことにより、ご自身の個人情報の一部又は全てを如何なる個人又は如何なる団体に開示することに同意する選択を行うことも可能です。但し、承諾のない場合は、法律により義務付けられる場合を除き、ご利用者の個人データを標準手順の一環として開示することはありません。
  • WPOに対して過去にご提示頂いた承諾は、如何なるものも後日取り下げることが可能です。また正当な理由のある場合にはいかなる時点においても、ご利用者個人情報又はご利用者が機密情報と見なされるべきであると判断される特定のデータ分類の処理に対して異議を申し立てることが可能です。
  • ご利用者は「データ可搬性の権利」を有しているため、ご自身の個人情報を独自の用途に向けて読み出し・再利用することが認められています。
  • ご利用者は、WPOが収集・処理した各自の個人情報に何ら誤り(複数可)が含まれる場合はそれの訂正をいかなる時点においても要求できる権利を有します。
  • ご利用者は、如何なる監督官庁に対して苦情を申し立てる権利を有します。
  • ご利用者は、特定の状況下において、各自個人情報の収集・処理・保管且つ又は公開に関する如何なる紛争を解決するために拘束力のある仲裁措置を求める権利を有します。
  • ご利用者は、現地法の要求に則り、(a)WPOが収集・維持している自己の個人情報に関する情報へのアクセス又はそれの取得を要求する権利、(b)自己の個人情報に含まれる誤りを更新・訂正する権利、そして(c)必要に応じて自己の個人情報をブロック又は削除してもらう権利を有します。
  • ご利用者は、WPOに対して以前提示した承諾を取り下げることにより、情報提供の目的で(例:電子メール又はSMSテキストの送信、WPO商品やサービスに関する意見の懇願、などの目的で)ご利用者自身の個人情報を収集しないようにWPOに対して依頼する権利を有します。ご利用者は、WPOにご連絡頂くことにより如何なる時点においても撤回権を行使することができます。

WPOでは、プライバシー シールドの原則に応じ、当社による個人情報の収集又は利用に関する苦情の解決に向けて献身的に取り組んでおります。WPOは、連邦取引委員会の調査権および執行権による規制の対象となっています。欧州連合加盟国且つ又はスイスを本拠とする方で、当社のプライバシーシールドに関する方針についてご質問又はご不満な点のある方は、差し当たり下記のWPO連絡窓口までお問い合わせください: dataprotection@workplaceoptions.com

さらに、WPOでは、欧州連合およびスイスから転送されたデータに関するプライバシーシールド関連の苦情について未解決のものがある場合は、EU各国における個人データ保護機関(Data Protection Authorities; DPAs)とスイス連邦データ保護・情報委員会 (英:Federal Data Protection and Information Commissioner;FDPIC)により設立された調査員団との協力のもと、その解決に向けて献身的に取り組んでおります。

 

各自データの保安

 

ご提供頂いたご利用者の個人データについて、当社では、権限のない第三者がアクセスして入手できないようにあらゆる技術的・組織的なセキュリティー対策を講じることにより、かかる情報を安全に確保しております。電子メールによる送信では完全にデータの安全を保証することができないため、極めて極秘なデータ又は情報を送る必要がある場合には郵便サービスを利用して送付されることをお勧めいたします。

 

保管の期間

 

当社では、EU一般データ保護規則(GDPR)又はドイツ連邦データ保護法(BDSG)の基本原則を考慮したうえ、ウェブサイトのご利用期間中、又は情報やサービス又はサポートの提供に際しては法令による保管期間が満了するまでなど、認められる範囲でご利用者にご提供頂いた個人データを保管させて頂きます。

 

その他質問又は懸念事項

 

当社の個人情報保護方針又は個人情報の収集についてご質問又は懸念される点などのある方は、いつでもお気軽に下記の連絡窓口までご連絡ください。

 

WPO 有限責任会社(WPO GmbH)
データ保護担当役員 ロバート・ジェファレス(Robert Jeffares)
データビジネスサービス有限合資会社(Data Business Services GmbH & Co KG)
dataprotection@workplaceoptions.com

 

司法管轄および適用法

 

この個人情報保護方針(以下、「本規約」)は、ノースカロライナ州の法律に準拠するものとします。但し、これは、欧州経済地域内におけるデータ主体に係るEU一般データ保護規則などにより、ノースカロライナ州の法律を覆すような現地適用法が存在しない場合に限ります。ご利用者の地方裁判所に申し出る権限が必然的な帰結として現地法により付与されていない限り、本規約に起因する又はそれに関する如何なる法的措置については、アメリカ合衆国ノースカロライナ州ウェーク郡に位置する裁判所の管轄権に撤回不能な形で同意するものとします。当ウェブサイトに示される情報および資料・データに物品(例:出版物、書籍)の売買が含まれている場合、それに追随するご利用者又はWPOの権利と義務については如何なるものも、国連物品売買統一法条約(英:United Nations Convention on Contracts for the International Sales of Goods;CISG)を準拠法とせず、その適用が除外されることになります。世界各国の如何なる地域においても当ウェブサイトにアクセスすることが可能ですが、当ウェブサイトを通じて提供される利点のいずれかを、各自該当する地域の法令に反して利用したことが判明した場合、WPOでは、当該ご利用者に当ウェブサイトの利用を停止して頂くよう、謹んでお願いさせて頂くようになっております。各自責任を持って地域の法令を知り得、把握した上で、それに準拠した方法でご利用頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

利用規約を読む